神戸旧居留地 江戸町社労士ファーム PEOPLE

社会保険労務士紹介

ここでは当事務所の社会保険労務士の経歴などを紹介をしています。

またホームページ内で公開しているコラムへのリンクも人物別に設置しています。

中村 彰雄

nakamura_akio2-2.jpg

中村 彰雄 (なかむら あきお)

経歴
■立命館大学法学部卒
■1983年1月~2009年4月、行政書士登録
■1992年、社会保険労務士登録、現在に至る。
■兵庫県社会保険労務士会理事(4期8年)、常任理事、神戸東支部・支部長(2期4年)を歴任。
■2015年4月、兵庫県社会保険労務士会神戸東支部幹事(総務)就任。
■2015年5月、兵庫県社会保険労務士会理事(監察委員会副委員長)就任。
■2007年、社会保険労務士法人設立代表社員を経て、2009年1月~2011年2月、労働法務中村事務所開設。2011年2月事務所移転。協働事務所「江戸町社労士ファーム」開設、代表就任。
主な業務経歴
■社会保険労務士会神戸東支部、兵庫県行政書士会神戸支部、日本法令社労士研究会等の研修会で民法入門講座の講師を担当。また、兵庫県弁護士会より委嘱を受け、職員の就業規則改定等を行う。
■憲法・社会保障法・労働関係諸法令の理念を基礎とした人間関係論、People Management をライフワ-クとする。
■種々の労災事故における支給申請(下請負業者の労働者性認定・過労死の認定等)、遺族厚生年金請求(社会保険審査会での請求における逆転裁決を含め)等も手がける。
■戦略的視点の下に社員教育と人事評価制度のリンクを研究。
■他の社会保険労務士、法律専門職従事者等とのネットワークの下に経営労務監査・人材ポートフォリオ監査、中小企業事業主の事業承継(主に人的組織面についてのアドバイス)にも業務の範囲を広げている。
著作
くらし学際研究所編『現在の不安それを超えて』(担当部分「「労災保険法」で労働者は守られるか」
コラム一覧

佐長 純彦

sanaga_sumihiko1-2.jpg

佐長 純彦 (さなが すみひこ)

経歴
■中央大学法学部法律学科卒
■大学卒業後、印刷・出版会社勤務を経て、1992年社会保険労務士登録
■兵庫県社会保険労務士会理事(1期2年)、神戸東支部・支部長(1期2年)を歴任
主な業務経歴
■(財)介護労働安定センター兵庫支部より委嘱を受け、十数年にわたり労務管理研修会の講師及び雇用管理コンサルタントとして、多数の介護福祉施設・事業所の労務管理に関する相談・指導に携わる。また、各種企業・団体・労働組合からの依頼による講演会、研修会講師も手がける。
■登録開業以来、幅広い業種の顧問として社会保険・労働保険に関する一般実務・相談業務に携わる一方、個人の各種年金裁定請求、遺族厚生年金再審査請求(事実婚の遺族給付に関する逆転採決)、外国人の海外診療費請求等、個人からの業務依頼も積極的に受託している。
■「改正」という名の「改悪」が繰り返され、ときには政争の具に成り下がる年金制度をはじめとする各種社会保障制度に日々怒りと虚しさを感じながらも、常に中小企業事業主・労働者の味方でありたいと、「市井の社労士」として丁寧な対応を心がけている。
コラム一覧


畑中 美和

hatanaka_miwa1-2.jpg

畑中 美和 (はたなか みわ)

経歴
■神戸市外国語大学外国語学部英米学科卒業
■大学卒業後、都市銀行に総合職として入行。銀行勤務時代は、主に外国為替と個人営業部門を担当(企業の貿易や海外投資に係る融資業務および輸出入業務全般を担当する。個人営業チームを立ち上げる際、個人ソリューション室室長として中心的に関わる。本部における個人営業推進の企画・教育を手掛け、「人の育成や管理」を身をもって経験)。
■2003年社会保険労務士試験に合格。
■2010年7月、銀行を退職。
■2011年3月、社会保険労務士登録、開業。
■2011年東石享子社会保険労務士事務所にて、2012年江戸町社労士ファームにて業務研修を経て、10月に同事務所へ事務所移転。
主な業務経歴
■江戸町社労士ファームにおいて、顧問先の社会保険・労働保険に関する一般事務・相談事務に携わる。
■2011年10月より年金アドバイザー就任(兵庫労働局より委嘱)。退職時に絡む年金・雇用保険・健康保険等の相談にあたる。
■大手金融機関主催の年金セミナーを毎月講演。年金相談会や各種企業・団体主催の講習会も手がける。
■宝塚市役所 年金・労働相談員
抱負
これまでに培った経験を活かし、専門的な労働法の知識を分り易く丁寧に伝えていく事を心がけ、事業主の良きパートナーを目指しております。
コラム一覧

西谷 千秋

TKYK00872.jpg

西谷 千秋 (にしたに ちあき)

経歴
■関東学園大学経済学部経済学科卒業。
■精密機器メーカーの人事部で、約5年間労務管理を担当。その後社会保険労務士事務所に転職し、実務経験を積む。
■2013年社会保険労務士試験合格、同年登録。
■2014年特定社会保険労務士試験合格。
■2015年4月特定社会保険労務士として開業、江戸町社労士ファームにて事務所開設。
主な業務経歴
■人事業務として、派遣社員を含む非正規社員の採用・雇用管理を中心に担当。
■社会保険労務士事務所では、社会保険・労働保険に関する手続・年金相談及び給与計算業務に従事。また、事業主セミナー講師として、2008年「労働契約法について」、2009年「労働基準法の改正」を担当。
■兵庫労働局にて、「均等待遇・正社員化推進奨励金」の相談員として勤務。
■兵庫県庁にて、中小企業経営支援策(経営革新計画等)の審査に携わる。
抱負
人口構造の変化に伴い、日本の労働力人口は年々減少しています。中小企業が抱える人手不足の問題は、今後更に深刻なものになります。
このような時代において、企業が存続するためには、人材教育や育成制度の構築、女性・高齢者・外国人の活用等、既存の常識から発想を転換した対策が不可欠です。
そこで御社の雇用制度を見直す中で、一緒に助成金活用等の施策を講じてみませんか。
従業員にとって働きやすい環境が出来れば、「ヒト」も「企業」もきっと成長します。そのお手伝いを精一杯させていただきます。

吉村 由紀夫

吉村 由紀夫 (よしむら ゆきお)

経歴
■1977年労働基準監督官任官
■元鳴門・相生・加古川・姫路・神戸東労働基準監督署長
■定年後、2015年4月より社会保険労務士事務所開設。
■2016年12月から江戸町社労士ファームへ事務所移転。主に労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法等に関する事務を担当。
主な業務経歴
■労働安全衛生コンサルタント(化学安全)、労働衛生コンサルタント(衛生工学)資格により企業の安全衛生診断を行っています。
■産業カウンセラーとしてメンタルヘルス関係の講習等を実施しています。
■退職後再就職した中災防近畿安全衛生サービスセンターの元専門役・安全管理士・衛生管理士の経験を活かして、安全衛生関係団体等が実施する技術講習等の講師を行っています。
■2015年4月に一般社団法人千葉労務安全教育研究会(代表理事吉村由紀夫)を設立し、労働安全衛生法令による特別教育を企業のご要望より行っています。また、潜水士や衛生管理者の受験対策セミナー等を行っています。おって、同法人は2015年10月に安全衛生推進者等養成講習機関として、兵庫労働局長の登録を受けています。